日本語 English Chinese

オルガン針株式会社

社長あいさつ

針ひとすじに培った信頼のブランド

 当社は、1920年(大正9年)の創業以来、針ひとすじに歩んでまいりました。当社の製品は、人間の生活には欠かせない「衣食住」の“衣”に密接に係わるものであり、その意味で市場は全世界にあります。「一本の針に心を込めて、世界の顧客に手渡そう」の社是のもと、日本国内はもとより早くから海外に拠点を持ち販売網を広げ、海外のお客様にも密着したサービスを提供してきました。おかげさまで、当社の製品は世界中から厚い信頼をいただき、“オルガンを弾く婦人のマーク”が、針のトップブランドとして世界中で認知されていることは、当社の大きな財産です。
 しかし、世界市場を見た場合、業界におけるポジションからいえば、まだまだ挑戦していかなければならない部分が多々あります。繊維メーカーからは新素材が、ミシンや編み機等のメーカーからは高性能機器が次々と開発されており、それらに対応して針の品質、機能を常に進化させていくことが不可欠です。また、高成長が続いている中国市場において、当社のブランドをさらに浸透させていくことが重要な課題です。これからも、針総合メーカーとして真のナンバーワンを目指し、開発、製造技術をさらに磨き、販売力を強化し、世界中のお客様に信頼される製品を提供していきたいと考えています。

活躍の場は世界

 活躍の場は世界です。お客様は世界中にいますし、海外にも重要な生産・販売拠点を展開しています。当社にとって、製造・販売という基本的なオペレーションは、どちらも海外拠点を含めた枠組みの中で流れており、対外的にお客様に目を向ける時のみならず、社内での製造・販売活動自体も海外拠点との連携が重要になります。したがって、グローバルな視点で世の中の動向を捉え、広い見地で物事を考え、積極的に実践につなげることができる人材を望みます。そして、現状に甘んじず、常に挑戦するという意志を持ってもらいたいと思います。失敗を恐れることなく、常に新しい仕事に挑戦し、新しい経験を積み、自分のスキルを向上させ、会社と共に常に成長を続けられるよう研鑽していただきたいと思います。
ページの先頭へ